足が身体に占める体積はわずか3%しかありません。3%の体積で残りの97%を支える足はかなりの重労働といえるでしょう。第二の心臓とも言われる足の健康と安全は現代人にとって非常に重要なキーワードとなっています。身体の全体重が加重される足には驚く程のストレスがかかるため、常に安全で機能的なポジション(ニュートラル・ポジション)でいることが重要です。