人間は進化の過程で4足歩行から2足歩行へと移行しました。その代償として、人間の足は体重を2本の足で支えなくてはならなくなりました。足への負荷は歩行時に約1.5倍、走った場合の衝撃は体重のおおよそ3倍かかるとも言われています。