はじめに

20年前になりますが

オーストラリアでの出産、育児を通し

日本と海外で

足、靴、意識の違いを知りました。

自身の病気を通して

歩けなくなったらどうしよう?

真剣に考えました。

「もしも自分が歩けなくなったら」

今、歩いている自分の足について

考えたことありますか?

78歳までゴルフをしていたお義母さん

病気でリハビリしていて父も

歩けなくなった途端

覇気がなくなりました。

亡くなった二人から言われていたこと

「歩くことは生きること」

歩けることは「活力」だと。

足について勉強していくなかで

色々な方法で足の計測を行い

色々なインソールを試し

色々な人と繋がり

フィートインデザインのインソール(オーソティクス)に繋がり

やっと納得出来るものに出会いました。

「足」について

もっと多くの人に知ってもらい

足の救済をしたいと考えるようになりました。

「いつまでも健康で自分の足で歩けますように」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。