足と重力

以前、宇宙飛行士の向井千秋さん講演会にて

15日間の無重量状態から戻った時に心をとらえていたのは

宇宙から見た地球の美しさなどではなく

「初めて実感した、地球の重力だった」と話していました。

 

若田光一さんも帰還した際のインタビューで

「まだ重力に慣れず、意識しないとコップを高く持ち上げられない。

朝ベッドで体を起こすのも力が必要だ」

 

山崎直子さんも「地球に戻って重力の強さを非常に感じている」

 

古川聡さんも「重力をすごく感じる。普通にしているだけでも体が重い。

重力のおかげでこうやって椅子にも座れる」

 

宇宙飛行士の皆さんは、重力の威力、そのすごさを実感し伝えています。

 

当たり前すぎて気が付かなくなっていますが

地球上では、無意識に重力とのバランスを保って生活しています。

 

そして、二足歩行により、重力とのバランスは

「足」が担っているのです。

万国共通、生きている人類みな

「二足の足」で「地球」と

重力により繋がっているのです。

 

グラウディング、地球と繋がってると考えると

「足」は、より大事に思われてなりません。