子供の骨が大切な理由(骨の数)

子供と成人の骨の数は違い

大人より子供の骨の数が多い

 

赤ちゃんは約350個(個人差あり)

成長とともにくっつき合い

成人になると206個

 

個人差がありますが

男性では17~18歳

女性では15~16歳くらいには

すべての骨ができあがる

 

骨がなくなるのではなく

細かく分かれていた骨がくっつき数が減る

子供の時に正しい位置でくっつくよう

正しい位置をキープすること

大切なこと